2008年12月14日

浅田真央、最終日エキシビションはタンゴを踊る!



浅田真央のフィギュアスケートに関する技術は素晴らしいですね。
特に浅田真央はジャンプが得意と言われており、3回転アクセルを飛ぶことができるのは、世界を見ても現役選手では数少ないようです。

浅田真央はフリースタイルで、3回転フリップ−3回転ループだけでなく、3回転フリップ−3回転トウループを取り入れて、さらにパワーアップしたように感じますね。

しかも、今大会は3回転アクセルを2回飛んでますからね!

浅田真央の素晴らしさはいくつかありますが、スピン軸が安定していることでより美しく、より高く飛ぶことができるようです。

また、体の柔軟性が抜群で、ポジションもいろいろとあることから、浅田真央のスケートには芸術的な面も高度さが加わっているのでしょう。

浅田真央は、タチアナ・タラソワの指導を受けたことでステップ技術が飛躍的に向上したようです。
それによってフィギュアスケートの芸術面からも難易度からも高めることができ、浅田真央は進化したと言われています。

2007年世界選手権のフリースケーティングでは、スケート技術、演技力、曲の解釈で8点台をマークしており、浅田真央の成長は驚くべきものがあります。

最近の浅田真央は、滑らかで美しい滑りに磨きがかかり、柔軟性のある身体を生かした演技は、ニックネームどおり「氷上の妖精」そのものと言えますね。

ジュニアの頃から注目を浴び続けている浅田真央は、ずっとトップ選手として君臨しています。
あの若さで、その技術力と精神力には脱帽します。
次の目標はオリンピックで優勝することと宣言する表情は、浅田真央の可愛らしさとは裏腹に厳しい勝負師の一面も見え、それが魅力でもありますね。

浅田真央については書籍等にいろんな情報が載っているので、見てみてはいかがでしょうか。

日本女子フィギュアスケートキャラクターブック(2008ー2009)



posted by ドラマキャット at 21:28 | Comment(1) | 浅田真央 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月13日

浅田真央 フィギュアGPシリーズ・ファイナル逆転優勝!



浅田真央とキム・ヨナとのレベルの高い競い合いはハラハラドキドキで最後は感動ものでしたね!

浅田真央のモットーは、パーフェクトな演技をして優勝することという、高いハードルを掲げています。
浅田真央の名前は、お父さんが女優・大地真央のことが大好きだったことに由来して「真央」に決めたとか。

浅田真央の趣味はショッピングと料理だそうです。
好きな食べ物は、チョコレートなど女子高生らしいものから、味噌カツなど名古屋ならではのものも挙げ、浅田真央は庶民的な一面があります。
世界選手権のときには、栗落雁を90個食べて試合に臨んだという浅田真央のエピソードもあります。
また、普通の少女であるときの浅田真央は、浜崎あゆみとジャニーズの大ファン。
しかし、スケーター浅田真央らしく、バレエ曲などの音楽も好んで聴くとも聞いたことがあります。
浅田真央の愛犬はトイプードルで、名前はネスレのチョコレートである「エアロ」から取ったとか。
2005年の世界ジュニア選手権で優勝したときにプレゼントしてもらったそうです。


ワールド・フィギュアスケート(33)

続きを読む
posted by ドラマキャット at 21:43 | Comment(0) | 浅田真央 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。