2008年09月23日

富良野に広大な花園が誕生! 黒木メイサ出演ドラマ「風のガーデン」

脚本家・倉本聰が「北の国から」以来、北海道・富良野を舞台に描く新作連続ドラマ「風のガーデン」の富良野ロケが行われ、出演する中井貴一黒木メイサらが撮影の様子を語りました。

ドラマのために2年がかりで造成された600坪の広大なブリティッシュガーデンを舞台に、この場所に住んでいる設定の緒形拳演じる訪問医の貞三、貞三の孫のルイ(黒木メイサ)、岳(神木隆之介)の3人が集結。家族と絶縁状態だった貞三の息子・貞美(中井貴一)も、末期がんに侵されたことを知って家族とこのガーデンに思いを馳せる。かぐわしい花の香りに包まれながら、人間の生と死について考えさせられる大人のドラマが展開します。

風のガーデンはドラマの重要な舞台であり、また最大の見どころの1つです。ガーデンを育てているという設定のルイを演じる黒木メイサは、「ここに来るとホッとするというか、いつの間にか落ち着ける場所になっています。富良野にみんなで一緒にいられるということは、家族としての時間をいっぱい過ごせるので、それがすごくいいなと思っています」とリラックスした表情で語りました。



posted by ドラマキャット at 15:07 | Comment(0) | 黒木メイサ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。